ひとりごと

11月22日(いい夫婦の日)にだけは入籍してはいけません

更新日:

いい夫婦の日

11月22日。

今年もこの日がやってまいりました。

世間では11月22日は「いい夫婦の日」として認知されているようです。

そして、この日に入籍するカップルも結構多いとか。

えぇ、わかりますよ。

だって、誰しも結婚・入籍する時なんて幸せの絶頂期ですもんね。

 

これから先、ずっとあなたと一緒に歩んでいきたい。

ずっと一緒に幸せな家庭を築いていきたい。

おじいちゃん、おばあちゃんになっても、ずっと手をつないで仲良く暮らしていきたい。

 

そんな想いを胸に皆入籍をするのだと思います。

いい夫婦の日という11月22日はまさに入籍記念日にちょうどよい日でもありますよね!

実は僕は結婚しているのですが、まさにこの

「11月22日(いい夫婦の日)」に入籍しているのです!

いい夫婦の日に入籍してはいけない理由

理由はただひとつ。

 

 

 

不仲になってしまったとき超絶きまずい。

 

 

これにつきます。

いい夫婦じゃないのに、いい夫婦の日が結婚記念日だなんて最悪ですよね〜。

結婚するときは皆さん明るい未来しか見えていないんです。

ですが、どうでしょう?

周りをよく見てください。

離婚している人、意外とたくさんいませんか?

 

日本の離婚率は「3組に1組が離婚している」らしいです。

これ結構多いと思いませんか?

僕には妹が2人いるのですが、2人とも離婚しました。

あと友達や知り合いも離婚経験ある方けっこういます。

結婚は幸せなことだと思います。ですが、その幸せがずっと続くとは限りません。

 

テレビなどのメディアが11月22日(いい夫婦の日)を取り上げすぎ

11月22日になるとアホかってくらい話題になります。

不仲な夫婦にとってはこれが相当キツイ。

仲の良い夫婦ならこの日は楽しく過ごせそうですが、不仲夫婦はどうでしょう。

テレビやラジオ、全部シャットアウトしたい気分でしょう(笑)

まして、この日に入籍してしまった夫婦は最悪です。

結婚記念日を忘れたくても、いやおうなしに思い出すことになってしまうのです。

そして、あの頃はあんなにラブラブだったのに、今はなんでこんな事になってしまったんだろうなって暗い気持ちになるのです。

そして11月22日に入籍したことを強く後悔します。

どうしてよりによって11月22日なんかに入籍してしまったんだーー!!と思うのです。

 

この日はもちろんテレビは見ません。

まとめ

結婚するのはいいと思います。

ですが、11月22日(いい夫婦の日)だけは入籍を控えたほうがいいかもしれまえん。

今はよくても、将来、不仲になってしまうことだってあるんです。

それをふまえて、入籍する日は出来るだけなにもない普通の日にするほうが無難です。

語呂合わせで◯◯の日とかよくあるじゃないですか。

そういう日はできるだけ避けたほうがいいです。

11月22日を迎えるたび、テレビから「今日はいい夫婦の日ですね♪」とか聞こえてきたら結構キツイですよ(笑)

早く明日になって欲しい。

僕は今、心底そう思っているのです。

いつまでもラブラブの夫婦がうらやましい・・・

それではまた…

-ひとりごと

Copyright© ダレトクblog.net , 2017 All Rights Reserved.