ガジェット 商品レビュー

Amazon Echoを実用的に使うには寝室で照明コントロールが超絶オススメ!

投稿日:

ついに手に入れたAmazon Echo。

手に入れたけど、これをどう使うか。

そこが一番大事なところです。

ただなんとなく新しいものが好きだから手に入れてみたという方も多いと思います。

Amazon Echo単体だと今のところスマホに付いている「siri」や「ok google」と大差ないです。

お天気やニュースを聞いたり、音楽を流したり。

たぶんそれくらい。

最初は珍しがって色々話しかけたりすると思うけど、きっとすぐあきますよね。

 

実用的な置き場所は枕元一択!!

Amazon Echoを使い始めて約2ヶ月経ちますが、スマートスピーカー最初の1台のベストポジションは寝室以外ありません。

…と個人的には感じております。

Amazon Echoが出来ることって、スキル連携すればまぁそこそこ色々とできるんだけど、

でもまだ特別これってことがないなぁというのが僕の本心です。

スマートスピーカーを実用的に便利に使うということを考えると、僕が一番最初に思いついたのが…

 

ベッドで横になり目を閉じたまま寝室の電気を消したい。

 

僕の寝室の照明は、壁のスイッチをオフにするか、照明の紐をひっぱるかです。

なので、寝る時照明を落とすには、一度ベットから起き上がって壁のスイッチを押すのですが、まぁそれが面倒なんです。

せっかくスマートスピーカーがあるなら、声で照明をコントロールしてやろうじゃないか!

想像してみてください。

ベッドに横になって、ちょっと眠くなるまでは本を読んだりスマホみたり。

で、さぁ寝るかとちょっと目をつぶると一気に眠くなってきます。

そんな時電気消すのに一度起き上がるのって超面倒じゃないですか?

このまま眠りたい・・・

そんな時Amazon Echoのアレクサがいれば・・・目を閉じたまま、声で照明を落とせます。

 

照明をAmazon Echoでコントロールする

やっと手に入れたEchoをただのおもちゃで終わらすわけにはいかない。

そこで僕はあるものを追加購入しました。

それが「Philips Hue(ヒュー) ホワイトグラデーション スターターセット 」です。

 

こちらの商品、一体なにができるのかと言いますと・・・

 

「アレクサ、電気つけて。」

と命令するとライトがパッとつくのです!

もちろん消すこともできます。

 

すごくないですか!?

声で明かりがつけられるって、ちょっとした未来です。

Echoを手に入れたならこれは是非やってみたい!

そんなんでEchoと一緒に購入してしまいました。

ちょっと高いですけどね・・・

 

Philips Hue(フィリップス ヒュー)

フィリップス ヒュー

 

こちらが噂のフィリップスヒュー(と、Echo)です。

 

フィリップス ヒュー

 

箱の裏面に色々説明書いてます。

なんと電球の色を変えられるんですね!

オレンジ色の落ち着く色から白い蛍光灯のような色に変えられます。もちろんその中間色にも自由自在です。

 

フィリップス ヒュー

 

Amazon アレクサに対応していますね!

Google Homeの表記がないけど、、、どうして?

 

フィリップス ヒュー

 

箱を開くとこんな感じで入っていました。

なんだか電球以外にも色々入ってます。

 

フィリップス ヒュー

 

箱から出しました。

電球2個・LANケーブル・ACアダプタ・Hueブリッジ・リモコン が入っていました。

 

 

やはり普通の電球とはちょっと見た目も違います。

重量も結構あります!

 

フィリップス ヒュー

 

僕には特に必要もないけどリモコンも入ってました。

 

フィリップス ヒュー

 

リモコンの裏面。

銀色のなに?電池?と思ったら磁石でした。金属に貼り付けられますね。

 

フィリップス ヒュー

フィリップス ヒュー

 

こちらはなにかというと「Hueブリッジ」と言われるものです。

これを家のネットワークに接続します。

僕の場合、無線LANルーターに「Hueブリッジ」をつなげました。

Amazon Echo Plusであればこちらのブリッジは必要ありません。

 

フィリップス ヒュー

 

簡単な説明書がついてます。

 

フィリップス ヒュー

 

既存の白熱電球をPhilips Hueと交換します。

 

フィリップス ヒュー

 

 

はい、これで電球のインストールは完了!

 

あとは説明書どおりにPhilips Hueをネットワークに接続させ、リモコン・スマホアプリから操作できるようにします。

動作確認できたらAmazon EchoにHueを登録します。

 

実際Amazon echoを使ってみて・・・

実際にAmazon Echoが届いてから2ヶ月ほど毎日使ってみました。

最初はもの珍しくて色々話しかけますよね。

例えば「アレクサ、歌って」とか「なにか面白い話しして」とか「怖い話し聞かせて」とか。

もう色々聞きまくってどんな反応が返ってくるのか楽しみました。

でも、そういう楽しみ方も3日もすればあきます(笑)

実用的に使えなければスマートスピーカーもただの置物と化してしまいます。

今のところ僕のアレクサは毎日僕の役に立ってくれています。

もうアレクサがいないとちょっと不便だな〜と思うくらい。

僕がどんな感じでアレクサを使っているかご紹介します。

 

起床

朝の目覚めはPhilips Hueの機能で、指定時刻に朝日をイメージしてゆっくり明かりがついていく機能があるのでそれを利用しています。

今までより目覚めが本当にいいです♪

そして、目が覚めたらアレクサにこう言います。

「アレクサ、ニュースを教えて」

そうすると事前に登録してあるニュースを読み上げていきます。

僕はヤフーニュースとNHKニュースを読んでもらっています。

この間ベッドからは起き上がらずに目を閉じたままニュースを聞きます。

ニュースを聞き終わったら

「アレクサ、電気消して」

ここで照明を落としてベッドから出ます。

着替えをしながら

「アレクサ、今日の天気は?」

すると自分が住んでいる地域の天気予報を教えてくれます。

最低気温や最高気温も教えてくれます。

なかなか実用的で気に入ってます。

もちろん他の地域の天気も教えてくれます。

例えば「アレクサ、東京の天気は?」とか。

 

帰宅

帰宅して自分の部屋(兼寝室)に入ったらまず

「アレクサ、電気つけて」

正直これは壁のスイッチ押したほうが早いとは思いますが、せっかくなのでアレクサに指示します(笑)

気分次第で音楽かけたりします。

例えば「アレクサ、津軽恋女かけて」

echoで音楽を本格的に聞くことはほとんどないですが、echoのスピーカーはなかなか低音も出て評価はいいです。

 

就寝

さて、一日も終わりベッドに入ります。

ベッドに横になってもまだスマホいじったり、他のことをするのに照明は落としません。

ですが、ちょっと明るすぎるので照明を暗くしたいときもアレクサとHueなら簡単です。

「アレクサ、ライトの明るさ50%」

これで明るさは半分になりました。

色々試してみたのですが、どうやら1%刻みで調節できるようです。細かすぎて明るさの違いがなかなかわからないというのが正直なところですが、認識はしているようでした。

だんだん眠くなってきたのでさらに電気を暗くします。

「アレクサ、ライトの明るさ5%」

う〜ん、なかなか心地よいです。

さて、目を閉じます。

もう少しで眠りそう・・・

「アレクサ・・・電気消して・・・」

おやすみなさい。

ちなみにアレクサに朝起こしてもらうこともできます。

「アレクサ、朝7時に起こして」

僕はスマホのアラームを使っているのでめったにアレクサには起こしてもらっていませんが(笑)

それではいい夢を。

 

最後に

僕のAmazon Echo アレクサの使い方はこんな感じです。

電気照明の音声コントロールは一度覚えてしまうと便利すぎて手放せません。

特に寝る時が便利ですね。

布団から出ずに、目を閉じて寝たままで電気を消せる。

これだけでもスマートスピーカー買ってよかったと思いました(笑)

もちろんPhilips Hueも買わなくてはいけませんが、是非セットで購入して頂きたいですね。

ちなみに、既存の照明をスマートライト化することも可能です。

スマートプラグのようなデバイスを既存のライトの間に設置し、スマートスピーカーと連携させればできます。

 

ただ相性という意味ではPhilips Hueがおすすめですね。

明るさや色までも音声で調整することができますからスゴイです。

 

最後に言います。

Amazon Echoを買ったら、まずは寝室に置きましょう♪

その際はPhilips Hueも忘れずに♪

 

 

 

それではまたね〜♪

-ガジェット, 商品レビュー

Copyright© ダレトクblog.net , 2018 All Rights Reserved.