E92 やってみた

BMWエンブレム(リア)を自分で交換してみた

更新日:

 

こんにちは!ダレトク(@daretokubloger)です!

E92のトランクについているリアのエンブレム。

なんと塗装がハゲてきました。

マジかよ…。

これ、そんな剥げるもんなの?

具体的に言うと、青と白のペイントされている部分の白いところがペリペリっと剥けてきたんです。

ぱっと見はわからないかもしれないけど、僕としては超気になるんです!

エンブレムが剥げてたら、いくらボディをピカピカにしても絶対カッコ悪いです!

という事でエンブレムの交換をすることに。

 

自分でやっちゃおう

販売店に頼めばもちろんやってくれるんだと思うんだけどさ、やっぱさ…コレ(お金)がかかるじゃない?

BMW純正のエンブレムなんてネットで見ると6000円前後するし、工賃だってそれなりにするでしょ?

一個エンブレム交換するくらいでいくらかかるんだろうか?

少しでも安く済ますためには、こういう部分は自分でやるべきだと思うんですよね。

早速ネットで調べてみると、youtubeでBMWエンブレム交換の仕方をわかりやすく説明している動画がありました。

 

 

これは自分でもできる!そう確信しました。

やり方としては、結束バンド等の紐状のものをエンブレムの隙間から通してクイックイッてやれば取れるらしい。

意外と簡単ジャマイカ。

 

 

新品のBMWエンブレムを手に入れる

さて、交換の仕方は分かったのですが新品のエンブレムがありません。

ネット通販で購入しようと思い色々探してみると、なぜか異常に安いものがあります。

メルカリだと980円送料込みとか(笑)

いや、わかっています。これもちろん純正品ではありません。

商品説明にもOEM品ともっともらしく書いてあるのですが、ひとことで言ってしまうとコピーですよねw

まぁ、消耗品みたいなもんだし、ぱっと見て違和感なければそれでいいんですよ。

という事でメルカリでBMWエンブレムOEM(笑)を購入しようと思いました。

 

ん?ちょっと待てよ?

僕の大好きなアリエクスプレス(中国通販サイト)にもきっとあるよな?

そう思い調べるとやっぱり、というか当然のようにありましたwww

え?でも、なんか高いぞ!

1,680円(送料込)って!もしかして品質がいいのかな?

よくよく説明を見てみると、なんと

10個で1,680円でした(笑)

1個168円!いや〜さすがやわ〜。

とりあえずアリエクスプレスで買ってみるわー。

メルカリに出品している人も多分アリとかで仕入れて売っているんだろうし、物としては大体同じでしょう!

 

BMWエンブレムのOEM(笑)が到着

中国からブツが届きました。

注文してから1週間です。アリにしてはめっちゃ仕事早い!

箱をあけてみると・・・ホントに10個も入っている(笑)

 

まぁ、一番気になるのはクォリティですよね。

ぱっと見はほぼ大差ないです!

これなら付けても全然OKというレベル!(あくまで個人的な意見です)

で、よーく見てみると・・・ちょっとバリがあったりします。バリはカッターで削りました。

やはりこの辺は値段相応ですね。あと、青の色が若干違うかな?でもまぁ許容範囲です。

純正品と一番違うと感じたのがBMWの文字の部分です。

純正品は文字のエッジがしっかり鋭角になっているのですが、OEM(笑)の方は丸みをおびてます。

 

左:純正 右:OEM(笑)

 

ちなみにBMWのエンブレムはマイナーチェンジ前と後という2パターンあるようなんですが、届いたものはマイナーチェンジ後の現行バージョンだと思われます。一応エンブレムの表面がデコボコした3D形状になっておりました。

車にもともとついている純正品はツルッとしていてデコボコ感が無いのでマイナーチェンジ前ですね。

 

実際にBMWエンブレムを交換してみた

天気の良い休日!エンブレム交換日和や〜!

ということで、近所の公園の広い駐車場で交換作業に取り掛かります!

まずは、エンブレムを爪でちょっと持ち上げて隙間を作ります。そしてそこへ結束バンド等を突っ込んでいくという作業。

こんなんめっちゃ簡単や〜♪

とか思っていたんですが・・・まさか、あんなに事になろうとは。

 

とりあえずトランクに付いているリアエンブレムの隙間に爪を引っ掛けてグイグイッとやってみたんですが、意外と隙間が開いてこない。

上の方はまったく隙間が開いてこないので下から攻めてみる。

お、ちょっとだけ隙間が見えてきた!

爪でエンブレムを持ち上げつつ結束バンドを無理やり突っ込む!

なんとか先っちょ入った―!

よし、これでさらに持ち上げつつ上に通せばOK!

 

しかし、結束バンドを押し込んでも全く上に貫通しないのです・・・

まぁ、上に全く隙間を作ることができないので当然なんですが。一生懸命上の部分も隙間を作ろうと爪を引っ掛けみるのですが、どう考えても爪が剥がれてしまうくらいくっついている!

おかしい、これはおかしい!

youtubeで見た動画ではこんなことにはなっていなかった・・・

 

まさかの両面テープトラップ

かなりの時間試行錯誤やってみたのですが、いっこうに結束バンドを貫通させることはできません。

結束バンドを引き抜いてみるとある事に気づきました。

なんか、結束バンドがすごく汚れてる。

で、なんか粘っこい。

あ、コレもしかして両面テープ?

 

ようやく理解しました。

いくら爪で浮かそうとしても無理だった理由が。

強力な両面テープでエンブレムが固定されていたのです!

おいおーい!動画でもネットで調べてもそんなパターンなかったでーーー!

なんなんこれ?

僕の車だけ特別仕様なの?(笑)

 

とりあえず理由が判明したのでコイツをどうにかしなければいけません。

で、考えたのが、というかもうコレしか無かったのですが、内張り剥がしで強引に剥がす!(テコの原理)

 

これで格闘すること数十分。

なんとかボディを傷つけずエンブレムを剥がすことに成功!

はぁーよかったー。ほんと一安心ですよ♪

超強力両面テープでくっついていやがりました!ほんとビックリだわ。

 

新品のエンブレムを装着!

エンブレムのないリア姿はなんとも情けない感じですので、早々に新しいものを取り付けていきたいと思います!

↑なんとか剥がし終えた・・・まじ疲れた

 

↑こちらが噂のOEM(笑)エンブレム

 

↑装着!どうです?ぱっと見問題ないでしょ?

 

↑左の剥げているのがBMW純正エンブレム。右がOEM(笑)です。

 

最後に

BMW乗るような人は黙ってディーラーで純正品をつけろ!

と言われそうですが、こういう事を自分でやるっていうのも楽しみの一つであります。

一番の理由はお金に余裕が無いからですが・・・

さて、今回エンブレムを交換したのですが、両面テープという予想外のトラップで時間がかかってしまいました。通常はグロメットと呼ばれるゴムだけで止まっているはずだったのですが・・・

新品のエンブレムに差替えたところ、このグロメットがもう劣化しているためか結構ゆるいです。

とりあえずそのままでも外れることはないのですが、手で強めに引っ張ると結構簡単に取れます(笑)

 

高圧洗浄機なんかで洗車したら取れちゃいそうですね。

これはグロメットを交換すれば解決するのか、はたまた両面テープでくっつけなくてはならないのか・・・

両面テープはもう懲りごりやぁぁぁ〜(笑)

 

左:BMW純正品 右:OEM(笑)

最後に改めて比較してみましょう!

・・・よーく見てみると・・・全然違うよね!やっぱ純正品のがいい感じだわ!

純正品をオススメします!!w

 

その後サイズをちゃんと調べてみたら・・・

ちなみにサイズは82mmを購入したのですが・・・

なんか、微妙にサイズ感が違う気がするんだよね〜・・・

そんなわけで、さらにちゃんとネットで調べてみたら・・・

なんと、E92のリアエンブレムのサイズは78mmとのことです!

おぉぉぉいい!マジかぁぁ!サイズからして間違ってたじゃねーかよーーー!!

やっぱり純正品書い直すわ!このままだと自己満足できないから!

第三者が見てもわからんと思うし、そもそも他人の車のエンブレムなんてどーでもいいからどーでもいいかな?と思ったけどやっぱり自分自身が納得できないよっ!

 

おしまい!

BMW純正部品 【 純正エンブレム 82mm ・ 純正グロメット 2個 セット 】 51148132375 [並行輸入品]

新品価格
¥5,650から
(2017/7/28 16:43時点)

-E92, やってみた

Copyright© ダレトクblog.net , 2017 AllRights Reserved.