ひとりごと

【前バージョンを残す方法】Adobe CC 2015のインストール

更新日:

adobecc2015update

Adobe Creative Cloud 新バージョンを発表しましたね!
CC2015年版をリリースし、僕のMacのデスクトップにもアップデートのお知らせがきました。
新しもの好きなので即アップデート。
お仕事用なので、念のため2014バージョンは消さずに残しておきました。

最初、前のバージョンの残し方がわからず単純に上書きアップデートしてしまいましたが、おかげで過去のバージョンのダウンロードのしかたも習得いたしました!

CC2014を残しつつCC2015を入れる方法

cc2015update01

↑まずは普通にアップデートをクリックします。

cc2015update02

↑するとこのようにアップデートかキャンセルのボタンがでるので、ここで早まらず詳細オプションをクリックします。

cc2015update03

↑「以前のバージョンを削除」にデフォルトでチェックがはいっているのでこいつをはずします。

cc2015update04

チェックが外れた状態でアップデートをクリックすると、前のバージョンを消すことなく最新のCC2015をインストールすることができます。

AdobeCC 以前のバージョンを再インストールする方法

ちなみに間違って削除してしまった場合も簡単に前のバージョンに戻すことができます。戻すというかダウンロードして再インストールですね。

oldver01

↑あんまり目立たないのですが「以前のバージョン」という項目があるのでクリックします。

oldver02

↑すると以前のバージョンが展開されてアプリの一覧がでてきます。

oldver03

↑目的のアプリのインストールボタンをクリックすると過去のバージョンをインストールすることができます。今のところCS6まで遡れるようです。

おまけ:AdobeCC2014→AdobeCC2015のスプラッシュスクリーン

個人的にAdobe Creative Cloudがアップデートされて楽しみにしているのが、アプリを立ち上げた時に表示されるスプラッシュスクリーンです。
今回はよく使うIllustrator・Photoshop・InDesignのスプラッシュスクリーンを比較してみましょう。

Illustrator 2014

ai2014

Illustrator 2015

ai2015

Photoshop 2014

ps2014

Photoshop 2015

ps2015

InDesign 2014

id2014

InDesign 2015

id2015

どうでしょうか!?
個人的にはどれもこれもCC2014よりCC2015のスプラッシュスクリーンのほうが好みですね〜♪
それではまた!

-ひとりごと
-, , , , , ,

Copyright© ダレトクblog.net , 2017 All Rights Reserved.