ひとりごと 食べもの

花椒(かしょう・ホアジャオ)が大好きならコレを買え!マイ花椒で痺れる毎日

投稿日:2018年7月6日 更新日:

こんにちは。

みなさん「花椒(かしょう)」という調味料はご存知でしょうか?

中国語だと「ホアジャオ」と発音するらしいです。

僕は花椒という調味料のことはよく知らずに長年過ごしてきたのですが、数年前近所の中華料理屋さんで担担麺を食べて、初めてその存在に気づいたんです。

担担麺というものをそこで初めて口にしたのですが、その衝撃はとんでもないものでした。

 

とにかく痺れる!

ピリッとパンチのある辛味!!

 

食べれば食べるほど口の中が痺れてきます。

だが、それがいい!

初めて体験した花椒ですが、一瞬で虜になってしまいました。

 

花椒とは

カホクザンショウ(華北山椒、学名:Zanthoxylum bungeanum、英名:Sichuan pepper)は中国のミカン科サンショウ属の落葉低木。日本のサンショウとは同属異種に当たる。
一般には中国名である花椒で知られ、日本語読みで「かしょう」、または中国語読みで「ホアジャオ」(拼音:huājiāo)と呼ばれる。また、日本の山椒と区別して四川山椒・中国山椒・中華山椒などとも呼ばれる。

果皮は食用、薬用である。痺れるような辛さを持つ香辛料として、中国料理、特に四川料理では多用される。「花椒」のほか蜀椒(しょくしょう)・椒紅(しょうこう)などとも呼ばれ、漢方では健胃・鎮痛・駆虫作用があるとされる。

出典:wikipedia

日本でよく使われる山椒とは味や風味は別物です。そして四川料理にはかかせない調味料です。

特に麻婆豆腐や担担麺との相性は抜群!

独特の風味があって、苦手な人はきっとかなり苦手だと思います。

花椒をひとふりするだけで、全く別の料理になるくらい変わる。

とにかく花椒は痺れが魅力的でクセになる調味料です。

 

いつでも使えるマイ花椒

お店にしょっちゅう通って、気付くと花椒無しでは生きられないカラダになっていました。

何日かすると痺れが欲しくてたまらなくなるという謎の禁断症状(笑)

これはいっそ自宅に花椒を置いておけばいいのでは?

自宅で思う存分花椒をぶっかけて痺れを楽しめる・・・サイコーじゃないか。

でも、花椒って売っているんでしょうか?

今までそんなもの見たことないけど。

そんなわけで近くの西友に行ってみると・・・ありました!!

今まで興味無かったら探さなかっただけで、ちゃんと花椒あるんですね!

でも・・・なんか小さいんだよね・・・こんなやつ↓

いやいや10gって・・・

こんなもん一瞬でなくなるわ。お試しならいいけど、自分のように大量に花椒をぶっかけたい人には全然向いてない。

というワケで我らがAmazon様で探すことに。

色々と出てきたのですが一番コスパのよい方法を発見しました。

 

それは「ミル」「花椒の実」を買うことでした。

ミルに花椒の実を詰めて、自分でゴリゴリと花椒の種を挽きます。

挽きたての花椒を味わえるのもミルのいいところ。

やはり挽きたては、香りが断然違います。

しかも実で買うとお値段もかなり安くなります。

僕のオススメはこちらです。

Amazonなので価格の変動もありますが、現時点(2018/07/06)ではミルが371円。花椒の種が188円でした。

安いですよね!!

とりあえず花椒が大好きならコレを買え!ミルと花椒の実!

ちなみに花椒の実は色々なメーカーから販売されていまして、価格もピンきり。

僕はかなり安い方のものを購入したのですが、全く味や痺れに不満はありません!

価格の高い商品はちょっと違うんでしょうかね?

試してみたい気もしますが、現状で満足しているからな〜。

 

自宅では麻婆豆腐に大量にかける

購入したミルと花椒は自宅で大活躍しています。

まぁ、使っているのは家族の中でも僕だけなんですけど・・・(笑)

なぜみんなこの美味しさをわかってくれないんだ。。。

ミルは粒の粗さを調整できます。細かくしたり粗くしたりお好みでどうぞ♪

 

大量に花椒をぶっかけた麻婆豆腐。最高です。

これまで何十年も花椒をしらずに麻婆豆腐を食べてきたなんて人生かなり損していました。

 

ちなみに僕は中華料理以外にも結構花椒をふりかけて食べています。

鶏肉料理とか少しかけて食べると美味しいですよ♪

 

僕の大好きな中華料理屋

最後に「花椒」の素晴らしさを教えてくれた偉大な中華料理屋のご紹介です。

実はこのお店のマスターが亡くなってしまい、もうあの担担麺・汁無し担担麺は二度と食べられないのですが、今は息子さんが店を継いで営業しております。

マスターに比べてまだちょっとパンチ力が足りないのですが、息子さんはまだ若いのでこれから!というところでしょうか。超期待しております♪

そのお店は、札幌市手稲区にある「加匠(かしょう)」です。

花椒(かしょう)を教えてくれたお店が加匠(かしょう)だなんて、なにか運命を感じます。

先代マスターが作った汁無し担担麺

 

本当にあの汁無し坦々麺は絶品でした。またあの味が食べたいですね。

それではまた!

 

中華屋台 加匠
TEL.011-686-9870
札幌市手稲区富丘一条5-2-14

-ひとりごと, 食べもの

Copyright© ダレトクblog.net , 2018 All Rights Reserved.