自動車

新型クラウンを見かけるようになって思ったこと

投稿日:

新型クラウンコンセプト

こんにちは!

最近ちらほら新型クラウン(15代目 S22#型)を見かけるようになってきました。

やっぱり新型車が道走っているとちょっと興奮して見てしまいます。

そして最近通勤途中のとあるお家の目の前にいつも新型クラウンが駐車してあるんです。

きっとオーナーさんなんですね。

というわけで、けっこうマジマジと見させてもらっています。

以下、主観で勝手に書きなぐっていきます。

 

欧州車っぽい

フォルムが今流行りの4ドアクーペ?

で、欧州車っぽいと思いました。

いわゆるドイツっぽい。

もっと具体的にいうと、アウディのA5スポーツバック前期とメルセデスのCLSをパクった?と思いました(笑)

やはりあの大きなフロントグリルの形はアウディの「シングルフレームグリル」を彷彿させます。

A5スポーツバック前期

出典:今日の被写体♪ 某氏アウディA5スポーツバック後期とたまたまおられた前期を比べるw

 

これはクラウン14代目(先代)からこんな感じのグリルでしたが、やはりアウディのパクリと感じてしまいます。

 

で、メルセデスの新型CLSがこちら。

メルセデスCLS

ヘッドライトがちょっと似ている感じがします。

最初BMW5シリーズ(F10)のヘッドライトかな?と思ったのですが、こっちのCLSの方が近い気がします。

ちなみにCLSのヘッドライトのデザインは嫌いですw

カッコイイかなぁコレ?

 

で、上の2台を足してちょっといじったらこうなったのがコレ!

15代目 新型クラウン

 

個人的には結構いいと思います♪

 

クラウンらしさ

クラウンってとても歴史のある車じゃないですか。

昔のクラウンも知っているオッサンの自分からすると、なんだかクラウンらしさが失われてしまった気がします。

近年だんだんスポーティー色が濃くなってきて、今完全にスポーティーなクラウンになっちゃってます。

クラウンらしさってなんだろう?って考えると、やっぱり重厚感的なものなのかなって思います。

今は全幅がどんどん広がって全高も低くなって、パット見カッコイイ車になってきているんだけど、昔は幅が狭くて高さもあった。

そして肉厚なデザインで貫禄があった。

ついでに排気量もでかくてそこが良かった。

今のクラウンも高級感はあるけど、クラウンってもうちょっとオジサン臭くていいんじゃないかなって思ったりします。

クラウン=オジサンが乗る車ってずっと思っていたので(笑)

今の時代そんなオジサン臭いデザインは売れないんでしょうけど!

 

クラウンマジェスタ

出典:Carfield RIZE

↑やっぱりクラウンってこんな感じがクラウンでしょう!!

これはクラウンマジェスタですが、V8の4,300CCエンジン!

クラウンにはこういう無駄にでかいエンジン載せて欲しいですねぇ。

と、個人的には思ったりします。

 

それではまた!

-自動車

Copyright© ダレトクblog.net , 2018 All Rights Reserved.