自動車

経済的負担を抑えて車を2台持ちする方法

2020年4月27日

E92とJB64ミディアムグレー

みなさんこんにちは。

先日スズキジムニー(JB64)を仮契約してきたという記事を書きました。

まぁ納期はまだまだ先なのですが、ジムニーが納車された暁には現在の愛車BMW E92とはお別れしなければなりません。

なぜかというと、一番大きな理由に経済的理由があります。

車を持つという事はとてもお金がかかります。

車の購入費以外にも様々なことでお金が飛んでいきます。

大きなところでいうと「車検代」「税金」「任意保険代」。

細かいところでいうとタイヤ・ブレーキ・オイルなどの消耗品。

都会であれば駐車場代なんかも必要かもしれません。

走れば走るほど部品が消耗し、時には故障もするでしょう。

日々メンテナンスし、正常に走行できる状態を維持することができなければ車を持てません。

ましてセカンドカーを持つなんて経済的余裕がなければ到底無理です。

今の自分には1台維持するのが精一杯なのですが、せっかく憧れの車BMW E92を手に入れたのにこのまま本当に手放していいのか?

もう5年目だけどそのスタイリングには全然飽きてないし、できればずっと所有していたい・・・

JB64ジムニーがあってBMW E92もある。

これが自分にとっては理想!っていうかそれ最高すぎだろ!!

ジムニーが納車されたらE92を売却することばかり考えていたんだけど、最近ちょっと違う方法を考え始めました。

経済的な理由で2台目が持てないのであれば、経済的理由をどうにか解消してやればいい。

会社の給料が2倍になれば余裕なんですがそんなことになるはずもありません(笑)

僕が考えた方法・・・それは、

 

「E92ちゃん。君、若くはないけどルックスもスタイルも超イケてるんだからさ、ちょっとその体使って稼いでおいでよ。」

 

 

個人間カーシェアリングサービス Anyca(エニカ)

Anyca(エニカ)というサービスはご存知でしょうか?

簡単にいうと「個人間のレンタカーサービス」です。

anyca

 

このサービス、実は数年前から知ってはいたのですが一度も利用したことはありません(会員登録だけはしてあった)。

Anycaを利用するメリット。

それは普段乗れないような憧れの車を借りて乗ることができたりします。

また、自分の車を貸し出し収益を上げることも大きな魅力です。

今回僕が考えたのは、BMW E92をAnycaの個人間カーシェアリングに登録するという方法です。

E92をシェアして得た収益を全て車の維持費に回します。

最低、車検代と税金程度を稼げればよしとします。

2年に1度の車検代が20万円(もっとかかるかも…)、毎年の自動車税が約4万として2年で8万円。

とりあえず2年間で28万円。これを24ヶ月で割ると約12,000円くらい。

毎月12,000円の利益をE92自身が稼ぎ出せば2台持ちも現実を帯びてきます。

任意保険代とか消耗品なども含めていくと月20,000円くらい稼げるのが理想です。

 

Anyca(エニカ)の仕組み

オーナーが自由に価格を決め車を登録。

借り手は気に入った車があればオーナーに予約リクエストを送ります。

オーナーがリクエストを承認すれば契約成立。

ここまで全てお互いスマホでやりとりできます。

なんて便利な仕組み。

 

さて、車をシェアすることが決まったのはいいけど、ここで心配なのが車を貸し出すオーナー。

車はどうやって受け渡すの?

お金の受け渡しは?

ドライバーはちゃんと免許持っている人なの?

貸し出した車が万が一事故にあったらどーするの?

などなど不安なことがたくさん出てきます。

 

車を借りる側のドライバーですが、事前にドライバー登録をしなければいけません。

ドライバー登録には免許証写真とクレジットカード情報、電話番号、メールアドレス認証など複数の情報で登録します。

厳格な個人認証をしているので、不適切な方はそうそういないんじゃないかとは思います。

お金の支払はもちろんクレジットカードのみです。

Anycaが間に入っているので、ドライバーがお金を払ってくれない!というトラブルはありません。

車の受け渡しは基本的には対面で行います。対面したときにオーナーから車の説明、現在ついているキズなど車の状態確認をして渡します。

万が一事故が起きたら・・・これが一番怖いところですが、全然ありえることです。

一体保険はどうなっているの?

まさか自分の任意保険を使うことになるの?

安心してください。ドライバーは1日自動車保険に強制的に加入しています。

万が一の事故もオーナー側は特に心配することはなさそうです。

ただし!保障されないケースもあるとのこと。-

それがコレ。

時間単位型自動車保険は、「運転中」の「事故」によって生じた損害のみ補償されるため、盗難や駐停車中の当て逃げなどによる損害は補償されません。

盗難はそうそう無いと思うけど、当て逃げはわりとありそうで怖い。

仮に当て逃げされたとして保険がきかないとしたら一体誰が保証してくれるのかな?

この辺はAnycaに直接聞いてみたいですね。

 

最後に

というわけで、BMW E92を手放したくないがために考えたこの方法どうなんでしょう?

素性も知らない他人に自分の愛車を貸し出すのは絶対ムリという人もいるでしょうけど、まぁ自分の場合そこまで神経質ではありません。

若いお兄さんが彼女と素敵なデートするためにE92借りていって欲しいとか思ってます(笑)

彼女との待ち合わせ場所に爽やかなアルピンホワイトのBMWクーペで乗り付けたら超いい感じじゃないですか!?

いや、今の時代クーペとかセダンとか若者ウケしないんだったわ。

やっぱ今はSUVなのか〜?いやいやそんなこと無い。E92のカッコよさは普遍的なのです。

Anycaを利用するユーザーは恐らく普通のコンパクトカーなどは求めていないはず。

普通の車であれば格安のレンタカーもあるし、わざわざAnyca使う必要ないもんね。

Anycaでは普段乗りたくても気軽には乗れない車を借りれるというのがウリだと思っています。

なのでBMWというブランドは有利。

そしてクーペというのも有利。

とりあえず2台持ちを実現するべくAnycaは試してみようと思っています。

関東圏なら結構稼げそうなんだけど、北海道じゃあちょっと厳しいかな〜とは感じてますが、まぁ挑戦してみます!

JB64が納車されてからの話なのであと1年後の計画だけどね〜(笑)

それではまた!

 

↓Anyca(エニカ)公式サイトはコチラ

-自動車

© 2020 ダレトクblog.net