ひとりごと

亡くなった中華料理屋のマスターをしょっちゅう思い出してしまう話

投稿日:

こんにちは。

亡くなった故人を思い出すことってあると思います。

例えば自分の身内とか、とても仲の良かった友人とか・・・

身近な人ほど思い出すことも多いですよね。

とは言っても、時間が経ち、忙しい毎日を送っているとだんだん思い出す回数も減ってくるでしょう。

でも、僕は月に何度も思い出す人がいるんです。

身内でも友人でもない方なんですが、その方をしょっちゅう思い出してしまいます。

 

中華料理屋のマスター

それは、いきつけだった中華料理屋のマスター。

マスターはキャラもよかったけど、やはりどうしても忘れられないのが…

 

料理の味

 

 

ここのお店の担々麺。

マスターの作る担々麺。

もう自分の好みにドンピシャだったんです。

ここで初めて担々麺というものを食べて猛烈に感動したのを鮮明に覚えています。

担々麺ってこんなに美味しいものなんだ!!

花椒のシビレってめちゃくちゃ最高!!

そのうち、普通の担々麺に飽き足らず、汁なし坦々麺を食べてみたのですが・・・

 

もう言葉が出ないくらいコレがうまかった。

 

ヤバイ・・・

こんなに美味しいもの生まれて初めて食べたよ・・・

この汁なし担々麺の衝撃は今まで食べた料理の中でダントツで一位です。

おそらくこれからも塗り替えられることはないでしょう。そんな気すらします。

 

中華料理屋なので、もちろん担々麺以外にも色々メニューはあるんですが、僕はそのお店に行くとほぼほぼ汁なし担々麺でした。

お店に行くと汁なし担々麺ばかり注文するので、マスターから「いつものでいい?」と聞かれることも。

最終的には「いつものやつで!」で通じるようになりました。

 

まさか自分に「いつもの」で注文できるお店ができるとは。

あれはテレビドラマでしか見たことがなかったので、自分がリアルに「いつもの」の店を持つことができてめちゃくちゃ嬉しかったです。

 

マスターが亡くなる

その日は突然訪れました。

マスターが亡くなってしまったのです。

年齢はまだ50代でした。

朝起きてこないと思ったら、そのまま布団の中で亡くなっていたそうです・・・

いつも元気で、亡くなるなんて想像できませんでした。

その日から、お店は休業してしまいました。

マスターと奥さんふたりでこじんまりとやっていたお店でした。

マスターが亡くなってもちろん悲しいという気持ちはあったのですが、それ以上に

「もうあの汁なし担々麺が二度と食べられない・・・」

そんな気持ちのほうが強かったです。

 

僕の中でマスターは最高の担々麺を作る人だったんです。

マスターのプライベートなんて全く知らないし、別に仲が良かったわけでもありません。

お互い名前も知りません。

月に数回お店に客として行くだけの関係。

それ以上でもそれ以下でもない。

 

理想の担々麺を追い求めて

マスターが亡くなり、僕はいつもの担々麺を食べることができなくなりました。

そして、ただただ担々麺を食べたいという欲求が増すばかり・・・

 

とにかく担々麺が食べたい!

そう!とりあえず担々麺を食べに行こう!

きっと美味しい担々麺を提供しているお店はあるはず!

 

そして僕は食べログなどを参考に色々なラーメン屋・中華料理屋を訪れました。

注文するのはひたすら担々麺。

担々麺専門店などにも足を運びました。

たくさんのお店に行きましたが、最終的にひとつの結論に達しました。

 

マスター最強かよ!

 

色んなお店で担々麺を食べましたが、どれもこれも僕にとっては違っていたんです。

パンチが足りない。

旨味が足りない。

甘みが足りない。

麺が太い。

麺が細い。

量が少ない…etc

 

マスターの作る担々麺を超える担々麺は無いんだと悟りました。

 

マスターのご子息が店を継ぐ

良い知らせがはいりました!

休業からそのまま閉店してしまうかと思っていたマスターのお店が復活することになったのです。

マスターのお店は息子さんが受け継ぐこととなりました。

息子さんも実は料理人で、ホテルで中華を担当していたようです。

さすがマスターの息子さんやぁ!

というわけで、復活早々お店に行ってみました。

想像以上にものすごく混んでいました。

やはりマスターの味を待ちこがれていたお客さんがたくさんいたようです!

 

早速汁なし担々麺を・・・

しかし、汁なし担々麺はメニューから消えていました。

さすがにいきなり全メニューを受け継ぐのは無理があるのもわかります。

というわけで普通の担々麺をいただきました。

マスターの味に近い!

他のお店で食べてきた担々麺より絶対的にマスターの味に近いです!

そりゃマスターの店だし、マスターのレシピを参考に作れば近くはなるでしょう。

でも、でもでも。

やっぱり違うんです・・・

近いんだけど、マスターのそれとは違うんです・・・

人が変われば味も微妙に変わってしまうのは仕方のないことです。

わかってます。

ただ僕がマスターの味を期待しすぎていただけなのかもしれません。

 

故人マスターを思い出す

それからも僕は理想の担々麺を探しています。

はじめは代わりの担々麺を見つければいいやと思っていたのですが、全く代わりの担々麺が見つかりません。

色々なお店で担々麺を食べては、そのたびにマスターのことを思い出してしまいます。

もうあんなに美味しい担々麺は食べられないのかなって。

 

マスター個人のことはさっぱり知らなかったけど、亡くなってしまった故人をこんなに思い出すことってなかなかないと思います。

やはり、自分の舌に刻まれた料理の味がマスターを思い出させるのです。

料理人ってすごいなって思いました。

こんなにも人に影響を与えるものなんだなって。

最近、ちょっと本気で考えてしまうことがあるんです。

それはなにかというと・・・

 

理想の担々麺に出会えないなら、自分で作ってしまえ。

 

ホントそれしかないなって。

舌に刻んだマスターの味を自分で再現するしかないんじゃないかって。

それくらいマスターの担々麺に惚れ込んでいるのです。

 

将来の夢:マスターのような超絶美味しい汁無し坦々麺専門店を開業する(笑)

 

それではまた〜♪

-ひとりごと

Copyright© ダレトクblog.net , 2018 All Rights Reserved.