食べもの

超エビ丼を求めてマルトマ食堂へ行ってみた結果

こんにちは。

先日ネットニュースで北海道苫小牧市にあるマルトマ食堂の「超エビ丼」というものを見かけました。

甘エビ100本を使用した海鮮丼というそのインパクト!

ちょっとこれは一度本物にお目にかかりたいと思い、マルトマ食堂へ行ってみることにしました。

 

苫小牧までレッツゴー

ということで札幌から苫小牧まで車で移動。

事前に集めた情報だと、AM11:00頃からは行列になるとのこと。

てことは、まぁ余裕をもってAM9:00過ぎにお店についていれば余裕だよね!

ってことで朝8:00過ぎに自宅を出発。

高速を使って予定どおり9:00過ぎにマルトマ食堂へ到着しました。(片道約80kmの距離)

 

目を疑う光景

やっとマルトマ食堂についたー!

と喜びながら駐車場の方へ向かうと見える行列。

え?嘘でしょ!!

まだ9時30分くらいだよ?

ちょっと余裕持って来たつもりだったんだけど大行列じゃん!!

正直甘く見ていました。

だってさ、今って(2020年3月21日)コロナウイルスで外国人もいないし、みんな外出控えてる時期じゃん。

コロナだから空いていて余裕だろ。

そんな風に思ってみんな集まったのかもしれません。

とりあえずここまで来てしまったけど・・・どーしよー。

 

行列に参加

パット見、すでに50人以上は並んでいたとは思うけど、超甘エビ丼を食べてみたいという気持ちが勝ってしまい並ぶことに。

正直、食事をするのにこんな行列に並んだのは人生初。

普通だったらこんないつ食べられるのかわからない列に並ぶことはないのだが、片道80kmと高速料金1000円以上かけてわざわざ来てしまったこともあり並ぶしかなかったのだ。

そして、ここから地獄が始まる・・・

 

寒い!!

寒いのだ!!

 

いやだって北海道の3月ですよ今!

なんだか天気はめちゃくちゃいいんだけどさ、海沿いで風が強い!

寒いに決まってる。

冬なので防寒着はみんな着ているけどさ、周りから聞こえる声は「寒い寒い!」

皆少しでも暖まるように体を小刻みに動かしひたすら寒さに耐える。

これはなにかの修行なのか?

ほんとキッツイです。

ちょうど僕が行列に並んでいるときの画像がこちら。

ツイートしてるかたがおりましたw

 

一緒に来た連れとくだらない話をしながらひたすら並ぶ。

なかには並ぶも早々脱落する人も。

そりゃこの寒さじゃあきらめるのも仕方ない。

むしろ賢い選択だろう。

この寒さの中長時間並んでいる俺達のほうがどうかしてる(笑)

マルトマ食堂

とてもゆっくりではあるが、着実に進んできた。

 

マルトマ食堂

ようやく食堂の看板が見えてきた・・・しかし長い。長すぎる。

 

マルトマ食堂

廊下では待つことができず、いくら寒くても屋外で待つしかない。

 

マルトマ食堂

苫小牧市公式キャラクターの「とまチョップ」

「とまこまい・ハクチョウ・ハナショウブ・ホッキ貝・ハスカップ」を無理やりくっつけて「とまチョップ」としたらしい。

長時間大行列と寒さ、空腹、そしてこのクソみたいなキャラクターに苛立ちがつのる自分・・・

 

マルトマ食堂

 

そして、遂に行列の先頭へ!!

長かった・・・

並び始めてからここまでくるのにかかった時間。

2時間30分!!

朝9時30分頃並び始めてから、気づくとお昼の12時でした!

朝ごはんの予定が昼食になっているという不思議。

 

マルトマ食堂入店!

店員さんに呼ばれようやく入店。

ご飯を食べられる・・・というより、やっとこの地獄の寒さから開放されるという気持ちのほうが大きかったですw

 

 

店内に入るとすごかった・・・

まず目を惹くのが壁・天井に敷き詰められたサイン色紙。

有名人がたくさん訪れている有名店なんですね。ネットニュース見るまで全然知らんかったよ。

店内は想像していたより狭く、座席数は26席とのこと。

なのでギュウギュウで相席は当然。

 

 

メニューはこんな感じ。

まぁ色々とあるんだけど、僕の目的はアレです。

 

 

そう!

超甘エビ丼(100本)!

甘エビが100本、山のごとしてんこ盛り!

それで価格が700円というハイコストパフォーマンスモデル!

もう注文するとしたらこれしかねぇよ!!

高速代金かけて2時間半寒さに耐えて並んだんだ!

これだけを食うために頑張った俺にご褒美を!!

 

 

俺「すみませーん。注文いいですか?」

 

お姉さん「はーい!どうぞ。」

 

俺「マルトマ丼をひとつと、超エビ丼をひとつ!」

 

お姉さん「あ、すみません・・・超エビ丼は売り切れてしまったんですよ

 

 

 

 

え?

 

は?

 

はい?

 

売り切れ・・・エビ丼売り切れ・・・

 

 

いやもう、頭の中真っ白ですよ。

売り切れなんて考えてもいなかった。

一体俺はなんのためにここまで並んだのだろうか?

この極寒の海風に晒されること2時間半。

辛くなったら超エビ丼を頭に浮かべ耐えてきた。

そのエビ丼が売り切れてお目にかかれない。

くっそマジかよ・・・しかしないものはしょうがない・・・

しかし僕はエビ丼が無かった場合のプランBを全く用意していなかった。

全くリスクヘッジをしていなかったのだ。

エビ丼の代わりに一体何を注文すれば?

 

とっさに思いついたのが「超イクラ丼」

別にイクラは好物でもなんでもないし、大盛りにして食べたいわけでもない。

単純に「超」がついているし、なんだかとってもお得そう。そんな理由で選んでしまった。

今もっと冷静に考えれば、このお店ナンバーワンの「ホッキカレー」にしておけばよかった。

そんな後悔。

 

マルトマ丼と超イクラ丼

少し待つとマルトマ丼と超イクラ丼がやってきた。

味噌汁付き。

 

連れが注文したこちらが日替わり海鮮丼の「マルトマ丼」(1,500円)

エビ・マグロ・イカ・ホッキ・アワビなどなど色々な海鮮がひとつの丼に。

 

そしてこちらが「超イクラ丼」。通常の2倍の量らしい。これで700円は確かにすごいかも。

でもまぁ、イクラにたいして魅力を感じない自分はホッキカレーにしときゃよかったよーーー!!!

苫小牧っていったらやっぱりホッキ貝が有名だしね!

 

で、マルトマ丼とイクラ丼のお味の方はというと。

まぁ、普通に美味しかった。

北海道の海鮮丼はだいたいどこも美味しくて当たり前なので、まぁ通常どおりの美味しさとでもいうべきか。

このお店だから特別美味しいということもないです。

ひとつ思ったのは米の量がかなり多かったこと。

正直もうちょっと少なくてもいい。

デフォルトでこの量っていうのを知っていたらご飯少なめで注文してました。

もったいないから無理して全部食べたけど、米で腹一杯になりすぎて辛かった・・・

 

最後に

「超エビ丼」を求めて苫小牧の「マルトマ食堂」まで来たのですが、結局目的のものは食べられないという残念な結果に終わりました。

正直不完全燃焼。

ちなみに僕が食べたかった「超エビ丼」はこちら。

バンドリ(@kkazukkiiii)さんのツイートより

 

くぉぉ。こいつを食べたかったな・・・

なんだか納得がいかないという気持ち。

その後twitterで情報収取していると、この日の午前7時頃にお店に行った人のツイートを発見。

どうやら朝7時の時点でも行列はできており、約1時間後の8時に席につけたそうです。

そしてこの方は超エビ丼を注文して、その後すぐエビ丼は売り切れとなったとのこと。

超エビ丼はAM8:00には売り切れていたということが判明しました。

AM9:30に超エビ丼を夢見て並んでた俺アホみたいじゃねーかよ!!(笑)

てか、並ぶ前に店員さんに在庫確認すればよかったなぁ〜。

あと、入り口においてあるメニューの張り紙にも売り切れなら「売り切れ」って表示してほしかった。

ということで、リベンジするかどうかはまだ未定ですが、もしリベンジするとしたら朝4時に札幌出発して開店時間の5時に行くしかねぇなと思っております!

 

ちなみにこの写真↑は僕が帰るときの写真。

14:00閉店まであと1時間くらいしかないのになんでこんなに並んでるのか不思議。

僕が並び始めたときよりさらに大行列になってました。

全員お店に入れたんでしょうか?

半分より後ろに並んでいる人は絶対閉店時間まで間に合わないと思うんだけど?

 

ちなみに今回ボクが参考にした記事はコチラ

「これで700円はヤバイ」「値段ぶっ壊れてた」 コスパ最強?北海道の海鮮食堂が話題

 

マルトマ食堂公式ページ

http://marutoma-shokudo.com/

 

それではまた〜!

-食べもの

© 2020 ダレトクblog.net