自動車

BMW E92 新たなエンジンスタート方法を5年目にして気づいた話

2020年4月1日

みなさんこんにちは。

BMW E92に乗ってはや5年目。

しかもほぼ毎日乗ってます。

毎日乗っているというのに、今日初めて気付いたことがありました。

 

エンジン始動方法

それはエンジンの始動方法なんです。

僕の車はプッシュスタート式です。

プッシュスタートは、ブレーキペダルをしっかり踏み込んだ状態でプッシュスタートボタンを押すだけでエンジンを始動させることができます。

スマートキーを使うので、鍵を挿し込む必要もなくとても便利です。

 

ブレーキペダルをしっかり踏み込んだ状態でプッシュスタートボタンを押す。

 

これまで何年間もその方法でエンジンをスタートさせてきました。

エンジンをかける時はブレーキを踏む。

体に染み付いた行動であり、無意識にやっていました。

そんな当たり前の行動なのにこの日はどうかしていたんでしょうか?

 

ブレーキを踏まずスタートボタンを押してしまったのです。

 

ブレーキも踏まずにスタートボタンを押すとACC(アクセサリー)がONの状態になるだけです。

もちろんエンジンなんてかかりません。

「ちょwなんでブレーキ踏まずにエンジンスタートしようとしてるんだ俺は・・・ははは(笑)」

とかなんとか言いながら何気なくそのままブレーキを踏んでみました。

 

ブォォォーン!

 

えぇぇ!?かかるんかーいwww

 

というわけで、

スタートボタン1回押してから1秒以内くらいにブレーキを踏んでもエンジンかかるっぽいです(笑)

これってBMWだけ?

それとも輸入車全般こういう仕様なの?

ていうか国産車でもできるん!?

もしや俺の車だけバグってるの!?w

 

試しに他の車でもやってみた

身近に試せそうなプッシュスタート式の車があったので試してみました。

車種はスズキ ワゴンRスティングレー。

スタートボタンをポチッと押してから、ブレーキのみを踏む!

シーン・・・・

でしょーね。かからなくて当然だよな。

とりあえずワゴンRではこの方法でエンジンスタートできませんでした。

 

最後に

これが正常なのか異常なのかよくわかりませんが、

スタートボタンを1度押し、ACCの状態でブレーキを踏んでもエンジンスタートができるということを知りました。(スタートボタンを押してから間が空きすぎるとかからないっぽい)

ブレーキを踏み込んだ状態でエンジンスタートボタンを押すのが当たり前だと思っていたので結構ビックリです。

僕が知らなかっただけでBMW乗りの間では常識なんでしょうか?

それではまた!

-自動車

© 2020 ダレトクblog.net