ガジェット 商品レビュー

Xiaomi Mi Smart Band5 グローバル版を使ってみた感想

Xiaomi mi smartband5

みなさんこんにちは。

2020年8月31日に、「Xiaomi Mi Smart Band5」の日本発売が発表されました。

近日発売予定で価格は4490円。

で、現在2020年9月28日なんですが、まだ日本では発売されておりません。

発表からもう1ヶ月くらい経つのになかなか発売されないですね。

そんな僕はAliexpressのXiaomi公式ストアでグローバル版を7月18日に注文していました。

で、ようやく到着したのが9月2日!

なんと到着まで1ヶ月以上かかりました!

だいたい2週間前後で届くことが多いのですが、今回は遅すぎて心配になりましたね。

 

Xiaomi Mi Smart Band5 Global版

CN版(中国)とグローバル版があるのですが、技適マークがあり日本でも安心して使えるグローバル版を選択。

いつもの簡易ビニール包装を開けるとこんな感じ・・・

 

Aliexpressあるあるなのですが、外箱が潰れているというダメージがありました。

もはや慣れっこですが、やはりちょっと悲しい・・・

こういうのがどうしても無理な人は絶対にアリエクを使ってはいけません。

 

で、グローバル版買って日本でちゃんと使えるの?ってちょっと心配だったのですが、全く問題ないです。

バンド自体のメニューは英語か中国語を選べるのですが、迷わずENGLISHを選択。

メニューは簡単な英単語なので特に困ることはありません。

また、スマホ連携させる際に使用するアプリの「Mi Fit」は完全に日本語対応しています。

一番心配だった、

通知は日本語表示されるのか?という疑問なのですが、

メール・LINE・SNSなどなど、スマホに来た通知はそのまま日本語でバンドに表示されました。

通知さえ日本語で表示されれば文句なしですね!

むしろメニューは英語表記のほうがかっこいいしね!

 

Xiaomi Mi Smart Band5の感想

これまで HUAWEI Band 4を使用していたのですが、それとの比較になります。

装着感

シリコンの柔らかめのバンドなのですが、とても装着感は良いですね!

ファーウェイのバンドはちょっと硬い感じがあったのですが、Xiaomiのはとても柔らかくて心地よい感じ。

Xiaomiのバンドのほうが好み!

デザイン

ファーウェイのはちょっと角張ったデザインなのですが、Xiaomiは丸いデザイン!

これは好みが分かれるところだと思うけど、これまたXiaomiのほうが好み!

↓こちらはファーウェイバンド4

 

バッテリー持ち

完全にXiaomiの勝ち。

自分の使い方だと1週間は充電しなくても余裕。

ファーウェイのほうは3〜4日で充電してました。

省エネ設定で運用すれば2週間は持つらしいです。

 

画面解像度

ファーウェイ バンド4

TFTカラースクリーン
解像度: 80 x 160ピクセル
サイズ: 0.96インチ

 

Xiaomi スマートバンド5

有機 EL(AMOLED)
解像度:126*294
サイズ:1.1 インチ

 

Xiaomiの圧勝。

実際に使い比べてみて感じたのですが、

やはり解像度の違いはかなり大きいです。

Xiaomiのほうがめちゃくちゃ精細で綺麗に画面表示されます。

ファーウェイはやはり解像度が低く、粗さが目立ちました。

ただ、文字が読めないとかそんなことはないのでファーウェイでも全然アリなのですが、Xiaomiの解像度の高いディスプレイを見てしまうと低解像度には戻りたくないですね・・・

 

充電方法

ファーウェイバンド4はバンドを簡単に取り外すことができるのですが、バンドを外すと充電用USB端子が出てきます。

それをそのままPCに付いているUSBに差したり、スマホの充電アダプターのUSBに差したりして充電できます。

ファーウェイの充電端子

 

Xiaomiのほうはといえば、mi band5専用ケーブルを利用して充電することになります。

(これでも前モデルと比べるとかなり充電しやすくなったとのこと)

ちょっと心配になったのが、この専用ケーブルを紛失・もしくは断線したときには充電するすべが無くなるということです。

長期旅行に行くときには専用ケーブルも持っていかなければならないし、そういうことを考えるとファーウェイバンド4の充電方式ってなかなか良いよね!と感じました。

予備の充電ケーブルは用意しておいたほうが良いかもしれませんね。

 

睡眠トラッキング

個人的にはファーウェイの睡眠トラッキングのほうがより正確のような気がします。

仕事中あまり動かないと昼寝してることにされたり(笑)という問題もありますが、ファーウェイの睡眠トラッキングのほうが優秀な気がしました。

ただXiaomiの方は、ファーウェイバンドに比べて圧倒的にユーザーが多く、そのユーザー達に比べてどのくらい良い睡眠ができているかなどが見れてちょっと楽しいです。

 

アクセサリーが豊富

世界で売れまくっているXiaomiのスマートバンドはアクセサリもかなり豊富です。

ファーウェイなんてほんとちょっとしか無かったですから。

特に着せ替えできるバンドは様々な色や材質から選べます。

僕は最近、追加でシリコン材質でカモフラージュ柄のものを注文してみました。

そのうち金属バンドも購入してみたいと思います。

 

最後に

Xiaomi Mi Smart Band5 かなり満足してます!

運動などの活動量計としては一切使っていないのですが、もはや普段の生活にかかせないものになっていますね。

スマホを開かず確認できる通知機能と睡眠トラッキング。

これがあれば自分は大満足です。

ファーウェイバンドに比べて画面も綺麗だし電池持ちも2倍以上だし、そして価格も安い!

初めてスマートバンドを購入する方はコレ選んでおけば間違いないですね。

ちなみに僕はAliexpressの公式ストアで購入したのですが、

Mi Band5本体に替えバンド1本と画面保護フィルムの3点セットで4,300円(送料込み)でした。

なかなかお得です。

でも今見たら同じセットが3900円くらいだったので、ジワジワと値下がりしているようですね。

 

ちなみに日本で正式に発売されたら、バンド自体のファームウェアのアップデートで日本語メニューにも対応できると思います(多分)。

きっとバカ売れするだろうな!!

それではまた!

-ガジェット, 商品レビュー

© 2020 ダレトクblog.net