やってみた

珪藻土バスマットが水を吸い込まなくなったので復活させてみた

投稿日:

 

 

こんにちは!ダレトク(@daretokubloger)です!

2016年8月にニトリで珪藻土バスマットという商品を購入したんですよ。

というのも、実家で珪藻土バスマットを実際に使ってみて、その使い心地に感動したからなんです。

実は珪藻土バスマットなんていう商品知らなくて、なんなんだこの硬い板は・・・と思っていたのですが、風呂から上がって足を乗せるとみるみるうちに水分が吸い取られて、なおかつなんだか気持ちいい。

柔らかい布より硬い板の方が個人的には良いなぁ〜と感じました。

で、これってもちろん板なのでとくに洗濯とかも無いわけです。そこもすごくいいなぁ〜と思いました。

ただ、これって人によっては不潔!と感じる方もいると思います。僕は全くなにも思わないのですが、ちょっと潔癖よりの友人は絶対珪藻土バスマットは使いたくないと言っていました。理由はもちろん洗えないから。

ちなみに僕が購入したのはニトリの珪藻土バスマットLサイズです。お値段1500円くらい

ニトリ 珪藻土バスマット(カイテキバスマット L)

安っ!

 

ちなみに実家のものは5000円以上するけど性能の良いものらしいですよ。

 

最近吸い取りが弱くなってきた気がする

ニトリの珪藻土バスマットを購入してからかなり快適なバスタイムを送る事ができていました。

風呂から上がって珪藻土バスマットの上に立ちながらバスタオルで体を拭いていると、いつのまにか足の裏も乾いています。

なにこれ最高。

もう珪藻土バスマット無しなんて考えられない!いやマジで!

ホント満足していました。

 

ただ、最近おかしいんです。

しばらく珪藻土バスマットの上に乗っていても水分が取りきれてない。

珪藻土バスマットを降りると、床に水がついてしまう・・・

うわぁ、完全に性能が落ちているやん!これどーしよ!?

どうやら表面の「孔」(穴)がつまり、吸収力が落ちてくるのはしかたのないことのようです。

そんな状態を1ヵ月くらい続けたでしょうか。もう我慢の限界です。

そんな時ある事を思い出しました。

そう言えば、、、珪藻土バスマットを買った時に、箱の中に紙やすりが入っていた!

そうだ!あれで表面を削るんだ!!

 

珪藻土バスマットの表面を紙やすりで削る

ニトリのウェブサイトでもちゃんと記載がありました!

吸収力が落ちてきたら・・・・
使用していくうちに表面の「孔」(穴)がつまり、吸収力が落ちてきます。 吸水力が落ちてきたときは、付属の紙やすり(400番程度)で表面を薄く削ると吸水性が回復します。 削ったあとは、表面の削り粉を乾いた布でかるく拭き取ってください。

ということですので、付属の紙やすりで削る!

軽く削るだけでけっこう粉が湧き出てきます。

これは後処理が大変!ということで、バスルームの中で削りました。

まんべんなく削った後は表面に粉がたくさんついていますので、タオルで拭き取りました。

間違ってもシャワーなどで流さないように!一瞬やりそうになりましたけど(笑)

 

見事、珪藻土バスマットが復活

あんなに吸い込まなくなってしまった珪藻土バスマットが復活!

1年近く使っていたし、さすがに詰まるか。

半年に1回くらい削っていればいいんじゃないですかね。

いや〜、しかし削って良かったです。あの快適さが戻ってきました。

洗濯不要の珪藻土バスマットは最高です!

皆さんも是非試してみてくださいね〜♪

それではまた!

 

 

 

 

-やってみた

Copyright© ダレトクblog.net , 2017 AllRights Reserved.