アウトドア・キャンプ 商品レビュー

コスパ最強!SoomLoomのサイドウォール付パップテント(Military tent X-large)を買ってみた

こんにちは!

これまでパップテントには特に興味を示さなかった自分だったのですが、とあるキャンプ場でお知り合いになった方がバンドックの名作「ソロベースEX」を使っておりました。

間近で見せてもらったところ「コレめちゃくちゃいいなぁ!」となり、絶対次はソロベースEX買う!と意気込んでおりました。

AmazonでソロベースEXもどきを発見!

でもソロベースEXなかなか高いんだよなぁ・・・

Amazonで34,800円。メルカリだとさらに高い転売価格で売られていたりする。

すぐ在庫切れるし。


転売されるなんてやっぱ人気あるね〜。カッコいいし絶対ほしい!

とか思いながらAmazonを漂流していると、なんだか激似のテントを発見!

それがSoomLoomのパップテント「Military tent X-large」

日本語にすると「ミリタリーテント特大版」らしいです。


以前からSoomLoomに普通のソロベースを模したテントがあることは知っていました。

今回はソロベースEXを模したもののようです。

TC素材で大きさもほぼソロベースEXと同じ。いや、むしろ少し大きいくらい!

もちろんスカート付きでサイドウォールもついています。

いやいや、これまんまEXパクっとるやん笑

一体おいくらなのよ〜?

と価格を見た瞬間思わずフリーズしてしまいました。

なんと・・・

16,900円

え?マジ?

ソロベースEXと同等品が16,900円って安すぎない??

ソロベースEXとの相違点・色で悩む

これは価格的にも絶対買いだろうと思ったのですが、どうもAmazonの商品ページで見ると色が好みではないのです。

バンドックのソロティピー1TCを持っているのですが、あのカーキ色がほんと一番好き。めちゃくちゃカッコいいと思う。

でもこのパチベースEXはやたら緑色なんだよね。

いくら安くても色が気に入らないと満足できないのではないか?

しかし、そんな葛藤もこの価格の前では無力であった。

5分後には購入完了のメールが届いていたのであった。

ちなみにバンドック ソロベースEXとほぼ同一商品だと思っていたのですが、よくよく調べると結構違っていましたので主な相違点をあげてみます。

サイズ(テントの展開サイズ)

SoomLoom 長さ360cmx幅200cmx高さ118cm

バンドック 長さ360cmx幅190cmx高さ110cm

SoomLoomの方が大きい!

で、バンドックは6角形だけどSoomLoomは8角形!

重量

SoomLoom 約7.7kg

バンドック 約5.2kg

バンドックの方が2.5kgも軽い!

この主な要因はSoomLoomのペグにあると思われます。

結構重くて立派なペグがついていました。使わなかったけど笑

ソロベースEXにしかないもの

通気孔。

テントの横の面ファスナーを開けると穴があいていて換気できるのよね!これ欲しかったなぁ。

SoomLoomミリタリーテントラージ版にしかないもの

なんと前後キャノピーを立ち上げることができる!

めちゃくちゃ開放感あります。

夏はいいかもね!

実際にSoomLoom Military tent X-large を張ってみた

というワケで早速届いたパチベースEXがこちら。

こんな感じでダンボールに入ってやってきました。

収納袋に縫い付けられている説明書。ここで重大な間違いを発見。実際は8角形なのに、張り方の説明図は6角形なんですが・・・笑

慣れている人なら問題なく進められると思うけど、キャンプ初心者とかだったら一瞬悩むと思うので注意ですな。

はい。色味はこんな感じ!

左がSoomLoomパップテント。右がバンドックのソロティピー1TC。このくらい色味が違う。まぁ、写真だし、見る環境によってもだいぶかわるけどだいたいこの程度の差と思ってください。

さて、ここからは実戦投入編。

オロウエン大滝キャンプ場で実際にキャンプしてきました!

収納袋から出したところ。下にひいてるのはグラウンドシートにする「ODグリーンシート」です。安くて丈夫で色もよし。おすすめですよ♪

落ち葉がきれいですね♪秋キャンプ大好き!

はい。というわけでいきなり完成図です。サイドウォールあると一気に秘密基地感が増しました。

後ろから。こう見るとこの色も悪くないです。まぁ、それでも僕はバンドックの色が好みですけど笑

かっこえぇ〜!ちなみにちゃんとインナーも付属しておりますのでご安心ください。

最初つけないで寝るつもりだっとのですが、コオロギが気持ち悪くて夜になって急いでインナーつけました。パチパチっととめるだけなので簡単でした。

サイドウォールを巻き上げた状態。雨や風の影響がない時は基本巻き上げておいたほうが開放感あってよいです。キャノピー下で焚火していると煙もガンガンテント内に入ってくるので巻き上げておくほうが良いと思いました。

ちょうどにわか雨が降って撥水具合も検証。さすが新品だけあってめちゃくちゃ弾いていました!

地べたスタイルで幕内焚火。最高でした。パップテントってめちゃくちゃいいなと心の底から思った瞬間。

撤収前にSoomLoomミリタリーテントのみにできる技。前後キャノピー立ち上げをやってみました。

すごい開放感。テントの乾燥も早かったです♪

最後に

実際に購入して使ってみたのですが大変満足しております。

パップテントってガバッと入り口が開いていて、なんだか寒そうだし一体なにがいいんだろう?って思っていたんですが、実際に使ってみるとめちゃくちゃ良いテントだと思いました。

とにかく秘密基地感がハンパない。

少年の心を持った野郎なら絶対好きでしょコレ!って感じ。

TCテントなので前に跳ね上げたキャノピーの下で焚火しても大丈夫。(炎の高さは控えめにね♪)

キャノピー下で焚火するので熱気が天井にあたってテント内もちゃんと暖まってくれる。夏はめちゃ暑いかもしれないけど、秋冬はいい感じです♪

今回は地べたスタイルでキャンプしたんですが、ほんと最高の経験でした。

もう完全にパップテント大好き野郎に変貌しました!笑

しいて残念なところをあげるなら、やはり色がもう少し本家ソロベースよりだと個人的に満点でしたね。

決して悪い色ではないのでこの色でも全然よいと思います!

youtuberのFUKUさんがこのテントを紹介した直後にAmazonでは品切れになってしまったようですね。

そりゃこんなに安かったら売れるわ。

欲しい方は定価16,900円ですので、Amazonで在庫復活するまで毎日こまめにチェックすることをオススメします。

この商品、本当にコスパ最強だと思いますよ!

それではまた!

-アウトドア・キャンプ, 商品レビュー