ひとりごと

【DTP】新しいMacにAdobe PDFプリセットを入れるときのメモ

投稿日:

今までOSX10.6の初代MacPro使っていたんですが、
今回Macmini(Late2014)を購入し、そちらに作業環境を移行させていきます。

OSXのバージョンは最新のyosemiteです。
アプリ(Adobe CC)やデバイスドライバなどはほぼ問題なくインストールできました。

ただひとつだけ悩んでしまったのが、以前使用していた「PDFプリセット」を新しいMacにコピーできなかったこと。
今まで入っていた場所と同じ場所にプリセットファイルをコピーするだけのことなのですが、どうにもこうにも場所が何故か見つからない・・・

さんざん悩んだあげくようやくわかったのが、osx 10.7以降はユーザーのライブラリフォルダが表示されなくなった…ということです。
これはなかなか酷い・・・
こうなった理由ってなんだろうか?適当にライブラリフォルダをいじってシステムをおかしくしちゃう人が多かったんでしょうか?
とにもかくにも、ユーザーのライブラリフォルダがデフォルトで表示されなくなったのは確かなので、問題を解決するにはライブラリフォルダをなんとか表示させるしかありません。

以下、自分のためにメモ書きです。

常にユーザーのライブラリフォルダーを表示する方法

常にライブラリフォルダーを表示するには、以下の操作を行います。

1.Finder で、移動/ユーティリティを選択します。
2.ターミナルをダブルクリックして起動します。
3.以下の文字列を入力し、Return キーを押します。

chflags nohidden ~/Library

パスワードの入力を促されたら、システム管理者のパスワードを入力し、Return キーを押します。

上記のようにターミナルでコマンドを打ち込めば常にユーザーのライブラリフォルダが表示されるようになりました。
これでプリセットを下記の位置にぶちこめばOKです!

OSX ユーザー ライブラリフォルダの場所

ユーザ→ユーザ名→ライブラリ→Application Support→Adobe→
Adobe PDF→Settings

アドビのヘルプにも書かれていますのでご覧ください。
http://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/cpsid_91195.html

ちなみに、MacminiでのDTP作業ですが初代MacProに比べてすんごくめちゃくちゃ快適になりました!
初代MacProですからもう7~8年前の機種です。
図体はでかいけど、今はこんな小さなMacに負けちゃうんですね。
MacminiはSSD512GBとメモリ16GB(最大)にしてるので、まぁ当然ちゃあ当然でしょうか。
新しいMacProも考えたのですが、DTP用途にはMacminiで十分だと判断しました。
iMacもどうかと思ったのですが、やはりあのツルテカ液晶がどうにも仕事には向かないような気がして・・・

そんなわけでMacminiとしばらくお仕事がんばって行きたいと思います!!

-ひとりごと

Copyright© ダレトクblog.net , 2017 All Rights Reserved.