ひとりごと 自動車

ガラガラのスペースに停めているのにわざわざ隣に駐車してくるトナラーとその対策

2019年2月20日

こんにちは。

みなさん自動車を駐車する時ってどうされていますか?

どうするもなにも、普通に停めるだけだろ。とお思いかもしれませんが、僕は駐車時気を付けていることがあります。

それはなにかといいますと・・・

 

できるだけ車がいない場所へ駐車する(避難)。

 

ということです。

その一番の理由・・・

 

ドアパンチされたくない!

 

これに限ります。

車を大事にしている方ならわかってくれると思います、この気持。

ドアパンチされるのが怖くて、お店の駐車場に停めるときは必ず入り口から遠い場所、ポツポツと車が停まっているような人気薄な場所に停めます。

入口付近駐車至上主義の友人などを隣に乗せている時なんか酷いことを言われます。

「おまえは運転が下手なおばちゃんか!?」とバカにされますがそんな煽りにも僕は負けません。

少しでも隣に車が来ない場所を目指して駐車場奥深くへ進みます。

お店の入り口まで距離がかなり遠くなってしまうこともありますが、隣に他の車が停まっているよりは全然良いのです。

また、自分の車がクーペということもあり、長いドアを武器に自分が加害者になってしまう可能性も高いのです。

そういった理由でできるだけ車が少なく、そしてスペースの広い場所を探し駐車しています。

 

トナラーの存在

トナラーという言葉を聞いたことあるでしょうか?

僕も先日初めてその言葉を知ったのですが、今回の場合こういうことです。

 

ガラガラの駐車場でかつ遠くに停めているのに、あえて隣にくる人のこと。

 

経験ありませんか?

ガラガラの電車やバス、飲食店でもトナラーは出没するようです。

いったいどうしてこういうことになるのか全く理解できません。

自分の車の回りはガラガラなのに、わざわざすぐ隣に停まっているんですよ!

せめて1台分あけて駐車すれよ!

こんなこと今までに何度も経験しています。

なぜこういう事をするのか理解できなくてものすごくイライラしてしまいます。

あー!思い出しただけで腹たってくるわ〜!!

 

トナリングの理由

わざわざ隣にくるトナラー。

きっとトナラーは駐車技術に自信の無い人なのでしょう。

ここからは僕の想像です↓

 

トナラー:「駐車が苦手なのでとりあえず激戦区(お店の入り口付近)は避けよう!」

激戦区を避けた結果、入り口から遠いガラガラスペースを発見。

そこに1台の車が駐車されている(俺の車)。

トナラー:「そうだ!あの車(俺の車)を目印にすれば簡単に停められる!」

無事スムーズに隣へ駐車完了!!

 

という流れが予想されます。

駐車技術に自信がないゆえに、目標となる車を定め、その車をガイドがわりに位置を決めているのではないのでしょうか?

僕がドアパンチを恐れてわざわざ遠く離れた場所に駐車しているなんて微塵も思っていないでしょうね。

きっと悪気はないんだろうけど、こっちとしてはかなり気分が悪いです。

隣に停められるのが嫌でわざわざ離れた場所に停めているのに、まさか隣に駐車されているなんてものすごくストレスです。

ほんとなんなのアイツら?

トナラーくたばれっ!といつも思っちゃいますよ。

 

トナラーを寄せ付けない対策

色々考えたのですが有効な手段が見つかりませんでした・・・。

あるとすれば「ヤンキー停め」くらいでしょうか・・・

こんなやつです。(色々な名称があります・・・)

 

あとは三角カラーコーンを常に車に積んでおいて、駐車したとき隣に置くとかw

三角コーン

ということでトナラーを防ぐ方法は実質ありませんね。

片側が壁や柱になっているところを積極的に選ぶことで確率を下げられるくらいでしょう。

それではまたね!

-ひとりごと, 自動車

Copyright© ダレトクblog.net , 2019 All Rights Reserved.